読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉野家の回転率がぱない。

でいりぬ

f:id:mayumi1607:20170118121617p:image

吉野家

 

 

2017年の年明けは吉野家の前にいました。

 

どうも、そざいぬです。

 

今日も今日とて豚を食う。

 

そんなノリで東京の吉野家の店舗に足を踏み入れました。

 

ぎゅうぎゅうのカウンターに1つだけ席が空いてました。入り口すぐの外から後ろ姿が見える席。

 

仕方なく座り、注文を決めようとメニューをとふと…

 

「ご注文はお決まりですかー?」

中国系の女性店員がお茶もって聞いてきた。

 

はやいな…

 

まずそこで、早くきめないとって心理が働いた。

 

周りを見渡すといそいそと丼をかきこむリーマン達。

 

仕方なく、丼をさっさと頼もうと思ったが、

実は、牛丼やでは定食はのそざいぬは、定食ページをめくる。

 

丼ものだと、食べ方も落ち着かない、そんなきがして、やっぱり定食を注文。

 

「すみません、豚の生姜焼き定食、並で。」

 

「はい、ありがとうございまーす。生姜焼き定並1丁ー!」

とテンポよく返事する中国系女性店員さん。

 

くだらないことに気づく。

 

あ、生姜焼き定食って牛はないか。

 

「豚の」の2文字さえ時間の無駄に思えた。

 

 

そんな吉野家のベテラン店員のテンポに

のせて15分後には店をでた。

 

そざいぬは関心とトイレの我慢も持ち帰ったのである。

 

 

そんなお昼。

 

 

またね、( ˙ω˙ )