読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編小説_チョコミントが溶けるまで

「あっ」

 

アブラゼミの声が、少しうるさいBGMになっている頃、優希が立ち止まって声を発した。

 

聞こえるか聞こえないか、本当は発してないんじゃないかと思うくらいだったので、俺は聞こえてないフリをして歩く。

 

 

「ちょっと、待って!」

 

すると今度はハッキリとした声量で、声が聞こえた。

 

「なんだよ。」

 

俺は立ち止まり、めんどくさそうに振り返る。

 

「アイスの自販機、チョコミントある」

 

優希は単語をつなげたような棒読み具合で言った。

 

優希の目線の先には、少し控えめに駅の端に設置されたアイスの自販機が見えた。

 

「ちょっと買ってくる」

 

優希は小さい歩幅で自販機まで走った。

 

俺も仕方なく、自販機まで歩く。

 

 

ピッ

 

 

 

「あっ」

 

 

 

自分でもわからないくらい、俺は高い声を発した。

 

 

昔の優希の姿が、目の前の優希と重なった。

 

まだ、化粧が下手で、目元のアイラインが少し気になってたあの時の優希と。

 

 

 

そう。

 

 

ここは。

 

 

ここで買ったチョコミントは俺達にとって、少し特別だった。

 

 

6年前、俺はここで優希に告白したんだっけか。

あの時もカンカンに晴れた日で、かなり汗をかいていたっけ。

 

 

そんなことを考えながら、

 

つい、こんな言葉が出た。

 

 

 

「結婚しよう。」

 

 

 

 

チョコミントが溶けて、

優希の手を伝い

地面に落ちるまで

 

 

俺と優希は黙ってお互いを見つめていた。

 

 

 

優希はそのまま、コクっと頷いた。